資金サポートを受けるべき

地域密着型の信用金庫に資金サポートの相談

事業計画を見せよう

資金サポートを受けやすいのが地域密着型の信用金庫の特徴ですが、怪しい会社には融資してくれません。 ですから申し込む際に、こちらの信頼性をアピールしてください。 事業の実績や、詳しい計画があれば信用金庫も信頼してくれます。 そこで、事業計画書を作成しましょう。

返済のスケジュールを決める

1回でも返済が滞ると、信用金庫からの信頼を失ってしまいます。 するともう資金サポートを受けられなくなり、資金調達が困難になるでしょう。 融資を受ける場合は、信用金庫側から返済期限を決められます。 期限内に必ず返済できるように、計画を考えてください。

なぜ地域密着型の信用金庫が良いのか

誰でも融資を受けられるというのが、信用金庫のメリットです。 資金不足で困っているけれど、メガバンクから融資を受けられない会社は地域密着型の信用金庫に相談してください。 さらに資金集めや会社の経営で困っていることがあれば、何でもスタッフに相談しましょう。

融資を受けやすい信用金庫

中小企業は、金融機関から融資を受けるのが大変だと言われます。
特にメガバンクだと、大手企業にしか融資をしてもらえません。
相談してもなかなか応じてくれず、中小企業は資金集めに苦労するでしょう。
しかし地域密着型の信用金庫だったら、中小企業でも資金を借りることができます。
定期的に訪問してくれることも多く、気軽に資金のことを相談できるでしょう。
ただ信用金庫は、他の金融機関に比べて金利が少し高いと言われています。
ですから借りる際は、金額に注意して、必ず返済できる分だけ借りてください。

資金サポートを受ける際は、書類を提出します。
中小企業でも資金を融資してもらえると言っても、赤字経営が続いていたり、かなりの負債を抱えたりして、返済できる見込みがないと判断された場合は融資を断られます。
自分はそのような人物ではないことを、審査の際にアピールしましょう。
どのような会社を経営しているのか、事業内容を詳しく説明することで、こちらの信頼性をわかってもらえます。

返済計画書も、同時に作成してください。
信用金庫から資金を借りた場合は、必ず返済の義務が発生します。
計画通りに毎月支払っていれば、滞ることはありません。
きちんと決まりを守ることで、これからも信用金庫と良い関係を続けることが可能です。
返済計画書を考える時は、毎月得られる利益を考慮してください。
事業が成功するとこのぐらいの利益を得られて、このぐらい返済に回せると書きましょう。