資金サポートを受けるべき

地域密着型の信用金庫に資金サポートの相談

>

事業計画を見せよう

どんな書類があれば良いのか

安定した収入があることや、資金繰りがうまくいっていることを証明するために、書類を提出してください。
書類がないと、経営状態が悪化している会社だと思われてしまいます。
すると返済する見込みがないと判断され、信用金庫でも資金サポートを断られます。
この時は、1年や数か月分の資金繰り表が必要になります。
毎月必ず書類を作成し、いつ信用金庫に資金サポートを申し込むことになっても良いように準備しましょう。

資金が急に足りなくなった時に、そこから書類を作成し始めるのは時間が掛かるのでおすすめできません。
書類を用意している間に資金が完全になくなったり、経営状態がさらに悪化したりしてしまう危険性があるので気を付けてください。

事業を説明できる書類

今まで、どのような事業を行ってきたのか信用金庫に伝えましょう。
実績を出していたり、事業が社会の役に立ったりしていることが伝われば信用してくれるはずです。
事業計画書はわかりやすく丁寧に、簡潔にまとめることが大切です。
文章だけでは説明しにくいので、図やイラストを使っても構いません。

特に提供している商品やサービスの説明をする時は、図やイラストがあるとわかりやすいです。
丁寧な字で書いて、信用金庫から信用を得ましょう。
字が汚いと、間違って内容が伝わってしまう可能性があります。
すると審査に影響したり、あとからトラブルが起こったりするので綺麗な字で書くことを心がけましょう。
字に自信がない人でも、ゆっくり書けば大丈夫です。


この記事をシェアする